全てのKubernetesクラスターを一元管理

Kubernetesクラスターは、組織のあらゆる場所に展開されています。Rancherは、セキュリティを確保した上に、ITイノベーションを加速させるために、これらすべてのクラスターを一元管理します。

Rancherが、どうやってKubernetes運用の数々の課題を解決していいるかについてを学ぶ

20,000チームがRancherでコンテナーを管理する理由をご覧ください

あらゆるところでKubernetesを展開できるエンタープライズ向けのプラットフォーム

Rancherは、Kubernetesでアプリケーションを展開するDevOpsチームと、エンタープライズのクリティカルサービスを提供するITスタッフのニーズに応えるために構築されたプラットフォームです。

KUBERNETESに関連するすべてのチームのための1つのプラットフォーム

ただ1つのプラットフォームで

  • 統合したクラスター操作

    Rancherは、Kubernetesクラスタが組織全体に展開、運用、アクセス、およびセキュリティ確保の方法を管理します。ITチームは、Rancherプラットフォームからポリシー設定、インシデント調査を簡単にできます。

  • Kubernetes上のDevOps

    DevOpsチームは、Rancherのセルフサービス環境によって、Kubernetesを非常に自由に設定および管理できるようになります。

  • あらゆるところでKubernetesを展開

    Rancherには、あらゆるのインフラで展開できるCNCF認証付きのKubernetesディストリビューションであるRKEが含まれています。 Rancherは、Amazon EKSなどのクラウドプロバイダーのKubernetesサービスとも統合および管理します。

DevOps
Central IT
Infrastructure
コンテナの採用を加速
  • 学習曲線を緩和し、Kubernetesの採用を加速
  • CI/CDパイプラインの作成、統合、自動化を加速
  • 複雑なマイクロサービスアプリケーションの管理
  • Helmベースのカタログ機能により、ターンキー方式でアプリケーション展開を実現
  • ディフォルト搭載の監視とセキュリティにより、ベストプラクティスの運用を実現

なぜRancherが選ばられたか

CONTAINERS-AS-A-SERVICEを展開
  • 全てのクラウド、VMwareクラスター、またはベアメタルサーバーでKubernetesクラスターを構築と運用
  • GKE、EKS、AKSなどのクラウドKubernetesクラスターを構築と運用
  • Active Directory、LDAP、その他のITサービスとの統合
  • マルチクラスターに対し、認証、ロールベースのアクセス制御、セキュリティポリシーを一元管理
  • 統合された監視とセキュリティで運用上のベストプラクティスを実現
全てのクラスターを管理

マルチクラスターのKubernetes管理

Kubernetesは、あらゆるインフラで同じの仕組みでリソースを管理しています。Rancherは、IT組織がKubernetesを展開する場所にかかわらず、同じの方法で、Kubernetesを管理できる完全なプラットフォームです。

クラスターのプロビジョニング

Rancherはプロビジョニングの処理を実行し、Kubernetesをクラウドやオンプレに展開します。ノードを起動し、Kubernetesをインストールします。既存のクラスターもインポートして管理できます。どのインフラでも動作します。

集中型Kubernetesプロビジョニング

Rancherは、Kubernetesクラスタのプロビジョニングを簡単にします。事前にクラスター構成設定をコードとして定義し、KubernetesディストリビューションおよびプロビジョニングエンジンであるRKEを使用して、あらゆるインフラ上でKubernetesを構築およびスケーリングができます。

Kubernetesの運用を効率化

Rancherを使用してKubernetesクラスターをプロビジョニングした後、運用が集中化され、管理者はKubernetes運用関連のすべてのところに操作できるようになります。管理者は1つの統一したインタフェースから、全てのクラスター監視、Kubernetesバージョンアップ、etcdバックアップ、およびクラスター復旧などの処理ができます。

Kubernetesセキュリティを一元化管理

Rancher管理者は、セキュリティチームと協力して、Kubernetesへアクセス方法や、コンテナ化されたワークロードの実行権限などのセキュリティポリシーを一元的に定義できます。ポリシーが定義されたら、任意のKubernetesクラスターへのポリシー適用が瞬時に実行できます。

直感的なワークロード操作

Rancherを使用するDevOpsチームは、ネイティブのKubernetes APIまたはKubectlを使用してワークロードを管理できますが、RancherのWeb UIなど機能を使用すれば、ワークロードのデプロイ、構成ファイルのエクスポート、およびトラブルシューティングを、より簡単にできます。

Freedom to Soar

クラウドネイティブのスタック全体を実装

Rancherは、Aqua、Twistlock、GitLab、Sysdig、Datadog、Artifactory、Portworx、Calicoなど、コンテナ操作用のさまざまななツールを統合しています。

アプリケーションカタログ

プロメテウス監視とログ機能の統合

Going Beyond Break/Fix

エンタープライズグレードのサポートを備えたOSS

Rancherは非常に人気のあるオープンソースプロジェクトで、何千もの組織がKubernetes管理で使用しています。オープンソースバージョンではすべてのRancher機能が利用でき、誰でも好きなようにRancherを使用または改造できます。

私たちの掲示板とSlackチャンネルには、あなたの質問や、問題トラブルシューティングを手伝ってくれる人が何千人もいます。

わずか1分でRancherサーバーをセットアップする

2つの簡単なステップ
でRancherを始めましょう

Rancherの簡単な始め方をご確認ください。

もっと詳しく知りたい場合はnext weekly trainingをご参加ください。または、Getting Started Guideをご確認ください。

01 Linuxホストを用意

Linuxホストを用意して、Dockerをインストールします。

02 Rancherサーバーをインストール

Linuxホストで、次のDockerコマンドを実行します。

$ sudo docker run -d --restart=unless-stopped -p 80:80 -p 443:443 rancher/rancher

ブラウザを開き、Linuxホストのドメイン名またはIPアドレスでRancherサーバーのUIにアクセスします。

A Library of Resources

Rancherの使用方法
を学ぶ

KubernetesおよびRancherのトレーニング


無料のオンライントレーニングセッションに参加して、RancherでKubernetesワークロードを管理する方法を学びます。

Rancherのテクニカル・アーキテクチャ


オープンソースのエンタープライズKubernetesプラットフォームであるRancherの機能の詳細ガイド

Rancherを始めましょう